HOME >> 事業内容 >> 研究開発支援事業 >> ラボサイトに関するQ&A

このページを印刷

ラボサイトに関するQ&A

エピ・モデルQ&A

  1. 注文はどのようにすればよいですか?
  2. 気液層界面期間の変更品の供給は可能ですか?
  3. アッセイ培地の組成は?
  4. 長期培養は可能ですか?どの程度可能ですか?
  5. 軟膏やクリーム状の被験物質等、粘性の高いものの適用方法や洗浄方法は?
  6. MTTフォルマザンの抽出時間はどの程度が適当ですか?
  7. 保存により、ラボサイト EPI-MODEL(エピ・モデル)の状態は変化しますか?
  8. 無菌操作が必要ですか?
  9. 全てのウェルを同じ日に使い切らないといけませんか?
  10. ラボサイトを利用した研究論文の詳細内容は入手可能ですか?

エピ・モデルQ&A

Q1 注文はどのようにすればよいですか?

あらかじめ出荷日が決まっており、それに対応した受注締切日があります(原則、月曜日出荷で、その4週前の水曜日が受注締切日です)。詳しくは弊社ホームページの出荷予定表をご覧ください。また、受注締切日後のご注文も可能な場合がございます。個別に対応させていただきますので是非ともご相談ください。

このページのトップへ

Q2 気液層界面期間の変更品の供給は可能ですか?

培養日数に依りますが対応可能な場合がございます。ご相談ください。培養期間を変更した場合、特注品となりますので、標準品と同等の品質規格の保証ができない場合がございます。あらかじめご了承ください。

このページのトップへ

Q3 アッセイ培地の組成は?

基礎培地としてDMEM・HAM-F12(3:1)培地を用い、5%のウシ胎児血清、微量の生理活性物質を添加しております。詳細な組成につきましては公開しておりませんが、物質名を特定しての添加の有無の問い合わせにはできる限り対応させていただきます。

このページのトップへ

Q4 長期培養は可能ですか?どの程度可能ですか?

製品開封後、最長28日間の培養実績がございますが、長期間の培養により、表皮構造が変化しますのでご注意ください。

このページのトップへ

Q5 軟膏やクリーム状の被験物質等、粘性の高いものの適用方法や洗浄方法は?

軟膏やクリームなどの粘性の高い物質や固形物質の場合は、天秤を用いて重量で適用してください。スパテルなどを用いて、表皮組織表面を傷つけないように塗布してください。洗浄は通常リン酸緩衝液(PBS)を培養カップ内部に添加して吸引除去します。表皮組織表面に評価物質が残存する場合、キムワイプ・スパテルなどを用いて、表皮組織表面を傷つけないように取り除き、再度洗浄をおこなってください。

このページのトップへ

Q6 MTTフォルマザンの抽出時間はどの程度が適当ですか?

2時間で十分抽出可能です。

このページのトップへ

Q7 保存により、ラボサイト EPI-MODEL(エピ・モデル)の状態は変化しますか?

保存期限内でも、生細胞数が暫減する傾向があります。また、サイトカインの産生等も保存期間の長さにより変動する場合があります。同じ検討をされる場合には、保存期間を一定にすることをお勧めします。

このページのトップへ

Q8 無菌操作が必要ですか?

操作はクリーンベンチ(または安全キャビネット)内で無菌的におこなうことをお勧めいたします。ただし、1~2日程度の実験に用いる場合は通常の実験環境における操作で特に問題はありません。

このページのトップへ

Q9 全てのウェルを同じ日に使い切らないといけませんか?

開封後は、できる限り全ての培養カップを使い切ってください。どうしても一度に全部使用しない場合は、残りの培養カップ(寒天培地中に固定された状態)が入ったプレートを常温温度帯(15~25℃)にセットしたCO2インキュベーター(5~10%CO2)に入れられるか、もしくはCO2発生剤とともに密封できる容器に入れて常温温度帯(15~25℃)で保存してください。付属のアッセイ培地中での保存やCO2インキュベーター(37℃、5~10%CO2)内での保存は細胞の代謝を促進するため避けてください。

このページのトップへ

Q10 ラボサイトを利用した研究論文の詳細内容は入手可能ですか?

弊社ラボサイトを利用した研究論文はこちらをご覧ください。 →学術論文

このページのトップへ