HOME >> 採用情報 >> 新卒者採用情報  >> 社員インタビュー:営業部

このページを印刷

社員インタビュー_営業部
学生時代の専攻 医学系
入社年度 2011年 
好きな映画 スタジオジブリの作品
学生時代の専攻 薬学
入社年度 2013年
好きなこと 食べること
野球観戦

担当業務の内容

I.Mさん
自家培養軟骨ジャック®の営業をしています。営業に異動して3年目が経過しました。
現在は福岡に駐在し、九州の半分の県と山口県を担当しています。基本的に社用車で移動しています。福岡に来る前はペーパドライバーでしたが、初めての土地での運転にも慣れました。
先生への情報提供が業務のメインですが、ジャック®の手術がある際は組織の受取りや、製品をお渡しするため医療機関を訪問します。
H.Yさん
営業部 自家培養軟骨ジャック®の担当です。 主な業務内容は、実際にご使用いただく際に正しくお使いいただくためにジャック®の情報を医師の先生方にご案内することです。
他部署から営業部へ異動して1年くらいです。異動当時は右も左も分からない状態でしたが、上司や先輩に公私ともに相談に乗ってもらえる環境なので大丈夫でした!「再生医療等製品」という新しい分野の製品なので日々新しい発見があり楽しいです。

一日のスケジュール

I.Mさん
8:45 自宅にて内勤。
営業部のミーティング(電話会議)に参加
また、昨日の業務の日報作成、メール対応などを行う。
10:00 熊本へ社用車で移動  
12:00 昼食
13:30 熊本市内の病院にて先生とご面談(その1)
15:00 次の訪問先まで時間があるため、カフェにてパソコン作業
17:30 熊本市内の病院にて先生とご面談(その2)
19:00 翌日も熊本で営業活動のため熊本に宿泊
H.Yさん
8:40 週一の電話会議へ参加
9:00 前日の出張先から移動
移動中前日の報告書提出
10:00 福岡へ帰着
そのまま社用車に乗り換えて病院へ
12:20 上司と現地にて合流、院内にて待機
13:00 自家培養軟骨の講習会実施
14:30 福岡のオフィスへ移動
15:00 書類作成など内勤
16:00 社用車にて移動
17:00 別の病院にてご面談
17:30 自宅へ直帰
18:00 夕食、テレビで野球観戦
21:00 本日の報告書作成、提出
21:30 テレビを観るなど
23:30 就寝

先輩社員×後輩社員 対談

Q.担当業務のやりがいを教えてください。

I.M:もともと、再生医療等製品が実際どこまで世の中に受け入れられるのか、最前線で見てみたいという思いがありました。営業部では、実際に医療機関を訪問して業務を行いますので、先生や患者様の反応がダイレクトに伝わるところに魅力を感じています。
直接患者様とのやり取りはありませんが、当社の製品を用いた治療後、患者様がよくなったということを先生から伺うとモチベーションが上がります。

H.Y:私は営業活動をする中での新たな出会いや日々の発見にやりがいを感じています。私は営業部に異動して1年程しか経っていないのですが、徐々に先生方に名前を覚えていただいていることに喜びを感じています。それが自分のモチベーションにも繋がります。
そして、時間があれば少しでも多く医療機関を訪問するように心掛けています。直接、先生方より様々なお話を伺う中で新たな知識や考え方が身につくことを感じます。

I.M:ジャック®を発売した当初は、多数の先生方より「こういった細胞治療がいよいよ使えるようになるんだね。」というコメントをいただきました。再生医療を用いた治療は始まったばかりですが、再生医療といっても治療の選択肢の一つであって特別なものではありません。それだけ当たり前にご使用いただけることが大切だと営業をする中で実感しています。
その上で今後、どのような事が再生医療、ひいては弊社に期待されているのかを考えないといけないかもしれません。

Q.お二人は部署移動を経験されていますが、前部署での経験が今につながっていると感じるのはどのような点でしょうか。

I.M:私は以前、人事に関わる部署にいましたので、現在のように製品と直接関わることはありませんでした。 営業部では医療機関のバックオフィスの方とやり取りをすることも多くあります。申請書類の作成などのお手伝いをするのですが、前部署での事務的な業務経験もあったおかげでどのような書類があると助かるのか、どのような手順を踏むのかというイメージが付き、スムーズにいくことがあります。

H.Y:そうなんですね。私は研究開発部から営業部に異動しました。前部署では、研究を進めていく上で疑問に感じたことに関して、時間を見つけて調べるようにしていました。そこで勉強したことが、現在営業活動を進める上でも活きていると感じます。

I.M:確かに、細胞の生着や治療効果のエビデンスに関して、研究に携わってきたH.Yさんだからこその知識や経験が活きていると感じることがありますね。

H.Y:ありがとうございます。
J-TECでは研究や営業だけでなく、どの職種もそれぞれのアプローチから細胞に関わることができるので、この分野に興味のある方は楽しみながら働くことができるのではないでしょうか。

I.M:私もそう思います。再生医療は複数の分野から成り立っていますし、幅広く興味を持ってくださる方と一緒に働きたいですね。

ありがとうございました。

※再生医療等製品…医薬品医療機器等法に基づき、厚生労働省より製造販売承認を得た製品。

このページのトップへ