HOME >> IR情報 >> トップメッセージ >> 過去のメッセージ (2012年7月30日)

このページを印刷

IR情報
  • 新興市場ランキング優良企業ホームページ
    2014年「優秀サイト」(新興市場)
    2012年「優良サイト」(総合)、「優秀サイト」(新興市場)
    2011年「優秀サイト」(新興市場)
    2010年「優良サイト」(新興市場)
    2009年「優良サイト」(新興市場)
  • InternetIR 優秀企業賞
    2008年、2009年と2年連続で選ばれました

2012年7月30日 投資家の皆さまへ

当社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(略称J-TEC)が2009年8月24日に製造販売承認申請を提出した自家培養軟骨が、2012年7月27日付で厚生労働省から承認されました。7月30日に製造販売承認書を受け取りましたので、ここに報告申し上げます。

販売名はジャック

当社の自家培養軟骨は、膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎の臨床症状の緩和を目的とする、整形外科領域におけるヒト由来細胞・組織加工医療機器です。

自家培養軟骨ジャック販売名はジャック(英文表記JACC)。ジャックと命名したのは、8年前の2004年です。2007年10月に承認された自家培養表皮ジェイス(同JACE)と同じ頃に命名したこともあり、J-TEC製品であることが推測できること、キレがあること、親しみが持てる名前であること等に配慮しました。整形外科の先生方にお世話になる製品であるため、故手塚治虫氏の代表作品の一つであるブラック・ジャックもイメージしました。近い将来、医療現場から、「ジャックを一つ注文」と連絡が入る日が楽しみです。


今期取り組むこと

当事業年度の目標はジャックを上市することであり、年度内の販売を計画しています。そのためには、適切な保険償還価格になるよう厚生労働省と協議を進めることと並行して、メーカーJ-TECとして製造・販売体制の整備を進めます。また、承認の条件として付与された、全症例を対象とする使用成績調査の準備も進めます。

わが国の施策である「医療イノベーション5か年戦略」ならびに「日本再生戦略」の中で、再生医療への期待はますます高まっています。自家培養軟骨ジャックは、私たちが再生医療を身近に感じることができる製品になります。品質が高く安全なジャックをお届けできるよう、今一度、気を引き締めて経営にあたります。

最後に、根気強く当社を応援いただいている株主をはじめとするステークホルダーの皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございます。

2012年 7月30日
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
代表取締役社長 小澤洋介

このページのトップへ