J-TECってどんな会社?

このページを印刷


J-TECの事業内容

J-TECは、再生医療等製品及び関連製品の研究開発、製造、販売を主要な事業目的として、医薬品医療機器等法の適用を受ける①『再生医療製品事業』と、医薬品医療機器等法の適用を受けない②『研究開発支援事業』、ならびに③『再生医療受託事業』を展開しています。

  • 再生医療製品事業
  • 再生医療受託事業
  • 研究開発支援事業


再生医療製品事業

培養技術を利用した再生医療等製品(自家培養表皮、自家培養軟骨)を開発し、医療機関向けに医療目的で製造販売しています※。J-TECの再生医療等製品は、現在、患者さまご本人の細胞を培養し、患者さまご本人に移植する「自家移植」を対象としています。

自家培養製品のビジネスモデル
【自家細胞を用いた再生医療等製品のビジネスモデル】
  • 医師(医療機関)が患者さまご本人から非受傷部位の正常な組織を採取します
  • J-TECは組織処理した細胞を培養し、出荷検査・梱包を行って医療機関に輸送します
  • 医師(医療機関)が患者さまご本人への移植手術を行います

研究開発支援事業

再生医療等製品の開発を通じて蓄積した高度な培養技術を水平展開し、研究用ヒト培養組織ラボサイトシリーズを開発、製造、販売しています。この製品は、ヒトの皮膚細胞に極めて近い構造を再現できるため、外用医薬品や化粧品の開発、皮膚を用いた各種研究に使用することができ、動物や単純な培養細胞の代替となる種々の実験への適用が可能です。

再生医療受託事業

再生医療等製品に関する開発製造受託(CDMO)・開発業務受託(CRO)と再生医療等安全性確保法対応支援を提供しています。

製品開発から市販までの流れと支援内容
製品開発から市販までの流れと支援内容
再生医療等提供計画作成から提供までの流れと支援内容
再生医療等提供計画作成から提供までの流れと支援内容