HOME >> IR情報 >> トップメッセージ >> 過去のメッセージ (2009年 6月24日)

このページを印刷

IR情報
  • 新興市場ランキング優良企業ホームページ
    2014年「優秀サイト」(新興市場)
    2012年「優良サイト」(総合)、「優秀サイト」(新興市場)
    2011年「優秀サイト」(新興市場)
    2010年「優良サイト」(新興市場)
    2009年「優良サイト」(新興市場)
  • InternetIR 優秀企業賞
    2008年、2009年と2年連続で選ばれました

2009年 6月24日 投資家の皆さまへ

数字では語れないこと 代表取締役社長 小澤洋介

株主の皆様、いつもいつも辛抱強く、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(略称J-TEC)を支えていただきありがとうございます。おかげさまで、我が国初の再生医療製品として平成21年1月から保険適用を受けた自家培養表皮ジェイスは、着実に市場を形成し始めました。重症熱傷の治療=再生医療=ジェイスが、医療現場において浸透し始めました。再生医療が、ついに現実のものになったのです。既にご案内のとおり、ジェイスには製造承認の条件に加えて、保険適用に関する留意事項が付与されました。ゆえに、損益計算書上の売上高は、当初J-TECが想定した数字よりも小さくなりました。しかし、数字では表現されないものをJ-TECは手に入れました。再生医療という新しい産業の扉を開けた実績、医療現場や規制当局からの信頼、そして多くの患者様の救命に寄与したこと。もちろん、やってみて初めて分かったことや、私達がたてた仮説が間違っていたこともありますが、厚生労働省に再生医療の第1号承認品目として認めていただいたジェイスを患者様達に安全にお届けすることができ、素直に嬉しく思います。

本事業年度は、ジェイスの販売実績を積み重ねることに加え、自家培養軟骨と自家培養角膜上皮の開発を予定どおり進めることにより、株主の皆様からの信頼を獲得したく考えます。今後とも、末永いお付き合いをお願い申し上げます。

2009年 6月24日
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
代表取締役社長 小澤洋介