HOME >> ニュースリリース一覧 >> 2007.10.3

このページを印刷

事業内容

自家培養表皮ジェイス:日本初の再生医療製品として製造承認が了承される

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
2007年 10月3日

培養表皮シート株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(本社:愛知県蒲郡市、代表取締役社長:小澤洋介)は、10月3日に開催された厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 薬事分科会において、日本初のヒト細胞・組織利用医療機器として自家培養表皮(販売名:ジェイス)の製造承認の了承を得ましたので、お知らせいたします。

ジェイス®は、患者さまご自身の皮膚組織を採取し、分離した表皮細胞を培養し、シート状に形成して患者さまご自身に使用する「自家培養表皮」です。1cm2程度の正常な皮膚組織から、約3週間の培養期間で、1000cm2を超える培養表皮を作製することが可能です。
本品の適応対象は、自家植皮のための恵皮面積が確保できない重篤な広範囲熱傷で、かつ、受傷面積として深達性Ⅱ度及びⅢ度熱傷創の合計面積が体表面積の30%以上の熱傷となる予定です。

ジェイス®は、Green型培養表皮と呼ばれ、米国ハーバード大学医学部のHoward Green教授らによって確立された細胞培養技術によって作られます。当社は、培養表皮の製品化にあたり開発者であるHoward Green教授と、培養表皮研究の世界的な権威であるイタリアのMichele De Luca博士から直接指導を受けました。これらの経験をもとに当社では、独自の生産および品質管理体制を構築し、高品質の自家培養表皮を再生医療製品「ジェイス®」として提供させていただく運びとなりました。

【本プレスリリースに関するお問合せ先】
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
経営管理部総務課 PIR担当 榊原
TEL:0533-66-2020  FAX:0533-66-2019

このページのトップへ