事業等のリスク

当社は再生医療製品事業、再生医療受託事業及び研究開発支援事業を展開しておりますが、以下において、当社の事業展開その他に関してリスクとなり得る主な事項を記載しております。当社として必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から記載しております。
なお、当社はこれらのリスクを認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努めますが、それらをすべて回避できる保証はありません。また、当社事業に関連するすべてのリスクを網羅するものではありませんのでご留意ください。
以下の記載は、当事業年度末現在において当社が判断したものですが、新型コロナウイルスの影響に基づく記載については、当事業年度末以降、現在までに当社が判断した最新のものを記載しております。

重大リスク 影響する
事業セグメント
主なリスク内容 顕在化
可能性
顕在時
影響
リスク対応策
市場規模 再生医療製品事業
  • 当社製品の市場規模は限定的で、一定以上のシェアを確保していたとしても、対象患者の発生状況や他社の参入により、売上高が大きく変動する可能性あり。
  • 医療機関との密な連携や周知活動により、対象者を適切に把握し、影響の最小化に取り組んでいる。
再生医療受託事業
  • 開発状況や委託元の方針変更等により受託業務の解約や規模縮小等の可能性あり。
  • 委託元と密に連携し、適時に対応することで影響の最小化に取り組んでいる。
法規制 再生医療製品事業
再生医療受託事業
  • 予測できない法改正や医療行政の方針変更等による急激な環境変化が生じると、当社の経営戦略や経営成績に影響を及ぼす可能性あり。
  • 薬事承認に関する経験やノウハウを磨き、規制当局に相談を行い、影響の最小化に取り組んでいる。
製品の安定製造 再生医療製品事業
再生医療受託事業
研究開発支援事業
  • 代替の利かない原材料、資材等を一定数使用している。
  • 代替の利かない原材料、資材等が調達できない場合、自社製品及び受託製品の製造中止の可能性あり。
  • サプライヤーと安定供給契約等を締結。
  • 重要度の高い原材料、資材から優先的に代替品の調査、検討、選定を行う。
  • 新しい製造方法、検査方法等の開発により代替技術を確立する。
人材流出
  • 競合企業が増えており、離職の可能性あり。
  • 専門性の高い従業員の離職は、補填、育成に時間がかかるため、一時的な影響が出る可能性あり。
  • 様々な働き方に対応するため、社内外の状況に応じて制度の再整備、見直し等を行う。
  • ブランド向上や働きがいのある業務設計・報酬体系等により従業員満足度向上を図る。
情報流出
  • 従業員が意図せずに第三者に機密情報を情報提供する可能性あり。
  • コンピューターウイルスの侵入等のサイバー攻撃による情報漏洩等の可能性あり。
  • 就業規則や誓約書、教育等による従業員への秘密情報管理の意識づけを徹底する。
  • 社内ネットワークのセキュリティ対策実施。
大規模災害
パンデミック
  • 本社と生産拠点が一ヶ所にまとまっており、災害で両方の機能が停止する可能性あり。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大により、医療機関への訪問自粛や治験の停滞による売上減少、開発スケジュール遅延の可能性あり。
  • 顧客の状況変化により当社業績にマイナス影響を及ぼす可能性あり。
  • サプライチェーンの寸断で原材料・資材等が調達できない可能性あり。
  • 大規模災害等を想定したインフラ整備や運用整備を図っている。
  • コロナ禍で変化する情勢を鑑みつつ、新たな営業活動等を推進することで、事業への影響を小さくすることに取組んでいる。
  • 原材料、資材等の代替品の調査、検討、選定を行う。取引先との有事に備えた関係を構築。