再生医療製品事業

再生医療とは、従来の薬物治療や臓器移植とは異なり、われわれの身体に備わっている組織の再生能力を引き出すことであり、失われた組織や臓器の機能を、細胞を使って回復させることに主眼をおいた医療です。
J-TECは、培養技術を利用した再生医療等製品を開発し、医療機関向けに医療目的で製造販売しています。J-TECの再生医療等製品は、現在、患者さまご本人の細胞を培養し、患者さまご本人に移植する「自家移植」を対象としています。
これまで2000例を超える患者さまへ再生医療等製品をご提供し、再生医療のトップランナーとして、開発力、生産能力、販売能力を高めてきました。その試行錯誤と経験を生かし、日々、様々な課題と向き合い、新しい医療の実現に向けた挑戦を続けています。

製品のご紹介

自家細胞を用いた再生医療等製品のビジネスモデル

再生医療等製品の販売には厚生労働省の承認が必要です。
詳しくは製造販売承認の流れをご覧ください。

  1. 医師(医療機関)が患者さまご本人から非受傷部位の正常な組織を採取します
  2. J-TECは組織処理した細胞を培養し、出荷検査・梱包を行って医療機関に輸送します
  3. 医師(医療機関)が患者さまご本人への移植手術を行います